タオン裕子(パリ在住)日仏アートコーディネータ

タオン裕子について

T1

タオン裕子
日仏アートコーディネータ
職人・芸術家パーソナルマネージャー

【人生キーワード】
・伝統
・海外
・拡大
・共鳴
・新旧

 

 

金平糖職人一家の末っ子として、自由で活発な幼少期を送る。
外で遊び回る反面、父や祖父母の影響で、芸術に触れる毎日を過ごした。

中学・高校は、東京にあるプチフランスと呼ばれる神楽坂近くの学校に通う。
スペイン語専攻だった大学時代は、
日々スペイン語とスペイン・南米文化にどっぷり浸る。

…が。
在学中、ホテルウーマンを目指しイギリス留学。
また恩師の支援により、アメリカ合衆国マイアミでのホテル経営研修、
アメリカ合衆国ペンシルベニア州
政府経済開発省日本支部での研修・アルバイトを経験。

これらの経験を通して、一気に、視野が広がる。

卒業後、外資系高級ホテルに就職。長年の夢を叶える。
国内外のVIP対応をはじめ、多い時には約100人以上の顧客対応を経験。

スモールトークの中からお客様情報を探し出し、
ご要望に沿う接客をしながら、いかに押し売せず
ホテルサービスの提供商品を買っていただくか、日々営業のあり方を模索。

ホテル業を一度離れ、ホテル以外の世界が見たくなり、
畑違いの外資系大手金融会社の広報スタッフに転職。

系列会社トップや広報、社外のメディアや関連機関など
多くの人と関わる「広報・企業ブランディング」は、
自分にとって夢のような仕事でエキサイティングな毎日を送る。

その後、学生時代に訪れたフランスでプチホテルの魅力
に惹きつけられ内部を知ってみたいと、フランス行きを決意。
パリ4つ星ホテルで、営業アシスタントとして勤務。

一旦帰国し、ヨーロッパ向けの輸出代行会社に入社。
日本メーカー企業様ヨーロッパ代理店の海外営業・広報を務める。
この頃からフランスの展示会ビジネスに大きく関わる。

現在は、以下のことを行っている。

1【日本→フランス】
日本からフランスの展示会に出展したい企業様やアーティストの
出展サポート・ブースアシスタント、現地での営業代理・営業サポート

2【フランス→日本】
フランスで活躍するアーティスト・工芸家の紹介・販売プロモーション支援

なぜ、この活動をしているのか?

というと、
作り手 と それをサポートする側
という一部の側面だけではなく、
伝統(技術、素材、経験、価値観)などを残しながら、
チームとして一緒に、
新しいモノやサービスを創造し、世の中に提供していきたいと思っているから。

===================================

<10年以上続けていること>
・展示会ビジネス・イベントサポート歴
・仲介役
・ホスピタリティー経営の追求
・美術鑑賞・展覧会の訪問
・語学習得・スキルアップ
・海外在住(フランス、イギリス)
・神社訪問

<得意なこと>
・パッションが一緒の人との人脈・チームつくり
・人と人をつなげる
・社交性に長けている
・人をサポートすること
・外国語3ヶ国語ができる(英語、フランス語、スペイン語)

<好きなこと>
・展示会・イベント巡り
・インテリアデザイン
・古き良き時代やモノ、匠
・新しいコトやモノ
・国内外を含め、新しい場所を訪れること
(2017年2月時点、世界約150都市を訪問)

PAGETOP
Copyright © タオン裕子 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.